歳を重ねても美しさを保つ|エイジングケア美容液がオススメ

女性

肌をキレイにする成分

コスメ

どのような働きがあるのか

肌に良いとされるビタミンc。美肌成分として注目されていますが、肌に浸透しにくいというデメリットがあります。それを改良して角質層へ届きやすくした美容成分がビタミンc誘導体です。では、ビタミンc誘導体にはどのような働きがあるのでしょうか。メラニン色素の生成を抑制することでしみやそばかすを薄くしたり、色素沈着を防いでクマやくすみを改善します。また、皮脂の分泌を抑えてニキビを出来にくい肌にしたり、コラーゲンの生成を促進させてシワやたるみを出来にくくするという働きもあります。このようにビタミンc誘導体には、肌をなめらかにして本来の働きを取り戻す効果があります。このような利点は万人に合うので万能成分と言えるでしょう。

効果的なつけ方

ビタミンc誘導体は化粧水に配合されているものを利用するのが一番効果的です。スキンケアで一番最初につける化粧水は、肌に浸透してより行き届きやすいからです。ビタミンc誘導体配合の化粧水は数多く販売されているので、自分にあったものを選びましょう。また、シミやくすみなどの気になる部分がある場合はラップでパックをすると肌に浸透していき、より効果的です。また、プラスアルファで内面からもビタミンcを摂取するとより効果が発揮出来ます。日々の食事でビタミンcを多く取ったり、それが難しそうな場合はサプリを購入して取り入れましょう。肌のビタミンc誘導体、そして内面からのビタミンの相乗効果で肌の調子がより良くなるでしょう。