歳を重ねても美しさを保つ|エイジングケア美容液がオススメ

女性

健康にも美容にも良い成分

化粧品

美容ならこの方法で

健康や美容のために良い食材や、成分と知っていても、若い頃は興味が持てなかったり、面倒だと思ってとらなかったりしてしまいます。ビタミンcがその一つではないでしょうか。ビタミンcは、抗酸化作用が高く、免疫力を高めたりと健康維持のためには積極的にとりたい成分です。美容にも効果があります。野菜や果物からとることができますが、肌に作用するにはたくさんの量をこまめにとる必要があります。ですが、美容には、ビタミンcを含んだ化粧水の使用の方が効果的です。ビタミンcはそのままでは不安定で浸透力に欠けていますが、ビタミンc誘導体ならば肌に浸透して美容効果を発揮できます。ビタミンc誘導体には3種類あり、その違いを知っておくと化粧品を選ぶポイントになります。

働きや種類

ビタミンc誘導体には、シミの予防の効果があります。メラニンを作る酵素に作用してシミを予防します。肌に浸透し、コラーゲンの生成を促進することでシワにも効果があります。その他に、ニキビ予防、過剰な皮脂を抑える、など美容に万能と言ってもいいほどの効果があります。ビタミンc誘導体には3種類あり、水溶性は化粧水に多く速効性があり、高濃度になると肌に刺激を感じることがあります。油溶性は浸透性が高いが速効性はない。両方の性質の良いところだけを合わせ持つAPPS。現在ではAPPSが注目されていて、APPSが配合された化粧水がたくさん販売されています。ビタミンc誘導体の特性を知り、肌質によって化粧水を使い分けることでビタミンc誘導体の効果を感じることができます。